☎045-253-2415 

炫武館について

 炫武館は2001年4月に横浜関内に常設道場を開設し、2003年11月にはNPO法人として認可されました。
 全日本テコンドー協会の正式な加盟協会である神奈川県テコンドー協会に所属しており、日本国内、世界大会に代表選手を
 輩出しています。また、選手だけでなく、全日本協会公認の審判員資格を持つ指導員が各大会において審判員を務め、大会
 の運営に貢献しています。
 炫武館には東京(笹塚・大森・中野・文京)、神奈川(横浜・川崎・三浦・逗子)、埼玉(川口・南浦和)、山梨に支部道場があり、
 各道場子供から大人まで時に楽しく、時に厳しく練習を行っています。


炫武館館長紹介

 姜 炫淳(KANG HYUN SOON)
1991年来日。南関東を中心に20年以上テコンドーの指導に奔走し、2001年4月炫武館本部道場を常設道場として開設。当道場での指導のみならず、国内外の関係団体に働きかけ、日本国内のテコンドー普及およびレベル向上に尽力している。

組織概要

 特定非営利活動法人 炫武館
  • 理事会:会長1名・専務理事2名・理事5名・相談役若干名
  • 指導技術部
  • 関係団体:社団法人全日本テコンドー協会・神奈川県テコンドー協会・後援会
  • 理念・活動方針:日本でのテコンドー普及活動を通して、健全なる社会の形成に貢献する

活動内容

  本館には3つの事業があります。
  ■普及事業:道場運営、イベント等への参加を通じてテコンドー普及活動を行う。
  ■育成事業:世界で活躍できる日本代表選手を育成。近年では毎年2~3名、継続して日本代表へ輩出。
  ■国際交流:テコンドーを通じて国際交流を図るとともに、グローバルに活躍できる人材を育成する。
  

所在地

〒231-0047
神奈川県横浜市中区羽衣町3-76-3
アクセラ21ビル 2階

TEL:045-253-2415 (本部道場)
Accela21 building 2F
3-76-3 Hagoromo-cho Naka-ku
Yokohama-shi Kanagawa-ken
231-0047 Japan
TEL:045-253-2415
ページのトップへ戻る